fbpx

2025年期限の
ケージフリー目標達成に向けた 
コンパスグループの新方程式

2024年6月、ブログ

先月、世界最大の外食企業であるコンパス・グループは同社の2024 Animal Welfare Progressの中で2025年期限のケージフリーコミットメントを達成するための新しい方程式を発表しました。同社は、入手可能な限りケージフリー卵の現物を調達し、不足分を補うためにケージフリー・クレジット(インパクト・インセンティブ)を使用します。このアプローチにより、コンパス・グループは厳しい市場であっても、2025年末までのケージフリーの期限を確実に遵守することができるようになります。

インセンティブを選ぶ理由 

2025年の期限が間近に迫る中、弊社のクレジット・プログラムは、期限内でのグローバルなケージフリーコミットメント達成を保証します。同プログラムは下記に挙げられるような、企業の皆様が直面する最も一般的な課題に対する非常に優れたソリューションです。 

  • 高すぎる価格 
  • ケージフリーの殻付きおよび加工卵(液体、粉末など)の供給不足 
  • ケージフリー卵の遠隔地への配送に伴う困難 
  • 一般卵サプライヤーとの既存の契約を破棄できない 
  • ケージフリーの加工卵についてサプライヤーの最低発注数量(MOQ)を満たせない 
  • 時間的な制約:生産者がケージフリーの生産を開始したい、または拡大したいと考えていたとしても2025年末までに確実に十分な量の鶏卵を入手するためには早急に準備を整えなければならない 

コンパスグループの方程式はいたってシンプルです:現物卵(入手可能な場合)+クレジット=ケージフリーコミットメント達成。貴社もこの方程式を当てはめれば100%ケージフリーを達成することができます。 

1
インパクト・インセンティブとは?

インパクト・インセンティブは鶏卵に関する新しい、そして改良されたブック・アンド・クレーム(Book and Claim)クレジット・システムです。ある食品企業がケージフリー卵を調達できない場合、既存のサプライヤーからケージフリー卵を購入し続けることができます。その上で「インセンティブ」を購入することで一般卵の使用を相殺し、ケージフリー卵100%目標を達成することができるのです。

迅速かつシンプル ―― その仕組み
  1. ケージフリー鶏卵調達ができない場所を特定する
  2. 相殺する鶏卵の総数を計算する
  3. 総量に基づいて当社グローバルフードパートナーズが生産者に連絡を取りクレジットのコストを算定する
  4. クレジットに対する支払いを行う
  5. ケージフリーコミットメントの達成を報告
インパクト・インセンティブの利点は多々あります。
  • コミットメントの達成:皆様が直面されている課題が何であれ、インセンティブがあれば、コミットメントの期限を確実に遵守できます。
  • コスト削減 :インセンティブを利用すれば、年間数万ドルを節約できます。
  • 擁護団体への報告:マーシー・フォー・アニマル、ヒューメイン・リーグ、オープン・ウィング・アライアンスのメンバー、シナジア・アニマルなどの主要な動物擁護団体は、コミットメントを達成する方法としてこのプログラムを支持しています。
  • サプライチェーンの安定性:サプライヤーを変更することなく、コミットメントを容易に履行することが可能です。
  • 地域の農家を支援する :資金は地元の農家に直接、届けられ、アニマルウェルフェア水準の高いケージフリーの生産者を支援します。

2025年末までにケージフリーを実現することは100%可能です。インセンティブの利用開始を弊社がサポートします。 弊社最高プログラム責任者(CPO)ジャヤシンハ・ナジャハリ(j.nuggehalli@globalfoodpartners.com )までご連絡ください。相談料は無料です。

© Global Food Partners Inc.

ja日本語