2021年03月11日

ケージフリー卵(平飼い、放牧など非ケージ飼育で生産された卵)の生産とは?

世界中の食品企業と卵産業がケージフリー卵の生産と調達にシフトし続けている中で、非常に多くお寄せいただく質問の一つに、「ケージフリーとは実際にはどういう意味ですか?」というものがあります。

実は、ケージフリー卵農場を成功させ、維持していくは、単にケージをなくすという以上のことです。このブログでは、「ケージフリー」の意味、存在するさまざまな農場システム、およびケージフリー卵に関する成功体験をもとに、主要な管理要素についてご説明いたします。

「ケージフリー」とは?

ケージのないケージフリーシステムでは、雌鶏はケージに入れられず、飼育施設全体を自由に移動できます。適切に設計され、管理されたケージフリー飼育システムによって、雌鶏は、歩く、止まる、砂浴び、採餌、巣に産卵するなどの自然な行動をとることができます。ケージのない農場システムには、次のようなさまざまな種類があります。

  • 屋内平床式飼育システム: このシステムの特徴は、平屋建ての家屋のように、飼育施設の床が1階分しかないことです。
屋内平床式飼育システム
  • エイビアリーシステム: エイビアリーまたは「多層」のケージフリーシステムでは、複数の階層が存在し、雌鶏はそれぞれの階の間を自由に移動できす。エイビアリーシステムは通常、大規模な生産に使用され、垂直方向のスペースを最大限に活用できるため、ケージからケージなしの生産に移行する生産者に人気があります(同じ土地面積でより多くの雌鶏を飼育できます)。
エイビアリーシステム
  • 放し飼い: 平床式とエイビアリーのいずれの場合も、日中は雌鶏を屋外に出すことができます。このシステムは「放し飼い」と呼ばれ、鳥は「ポップホール」を介して屋外の放し飼いエリアにアクセスできます。
放し飼いシステム

ケージフリーシステムは、自動の場合も手動の場合もあります。大規模な生産者は、卵を収集するコンベヤーベルト、飼料と飲み水を自動的に補充し、雌鶏に分配するシステム、機械化された換気システム、タイマーを使用した自動照明スケジュールなど、高度に自動化された機器を備えていることが少なくありません。一方、手動システムや、部分的に自動化されたシステムを使用する生産者もあります。たとえば、自動飲用システムはあっても採卵は手で行う場合があります。

飼育場所の設計と管理

良好な家畜福祉を実現するために、農場は、ケージがないことに加えて、以下のこと を含み、適切に設計管理される必要があります。

  • 止まり木、巣、敷料、十分なスペース、またおもちゃ(雌鶏がつつくためのオブジェクトと材料)を提供することで、自然な行動を可能にします。
  • 感染症や重度の羽つつきを予防するための健康管理
  • 取り扱いと管理に関する農場スタッフの適切な訓練

最適な環境を提供することは、農場が成功し、高い収益性をあげ、持続可能であるために非常に重要です。 グローバルフードパートナーズでは、これらの複雑さを理解し、生産者と1対1で協力して、ケージフリー卵の生産で直面する固有の課題を特定し、克服できるよう支援しています。 AERES応用科学大学を含むパートナーと協力して、インドネシアや中国でケージフリー卵のモデルファームを立ち上げ、ケージフリー卵管理の包括的オンライントレーニングプログラムも開始します。これらのプログラムは、今後数か月以内に開始され、生産者に、家畜福祉のための優れた慣行や競争力のあるビジネス上の優位性など、確実な持続可能性を実現するために必要なトレーニングを提供します。

ご興味のある方は、こちらまでお問い合わせくださ い。チャットで対応させていただきます。

Global Food Partners, Inc.

Copyright © 2021

GFP-icon-linkedin
ja日本語