September 12th, 2022

フィリピンのフードビジネスと農家を支援するためのパートナーシップ

私たちは、グローバル・フード・パートナーのチームとして結集する以前、それぞれ世界中の食品企業や農家と協力し、ケージフリーの調達と生産に取り組んできました。私たちは皆、アジアでより多くの支援が必要であるという同じニーズを耳にしました。アジアでの進展を加速させるために、私たちのこれまでの経験と専門知識を結集して、グローバル・フード・パートナーズを設立することにしたのです。私たちは、設立当初から2つのコミットメントを掲げました。1 つ目は、常に業界のニーズに耳を傾け、サポートが必要な場合はどのような形であれ、彼らを支援することです。2 つ目は、この活動を一人で行わないということです。私たちが思い描くケージフリーの エコシステムは、他のリーダーたちとのパートナーシップによって初めて構築されるのです。

私たちは先月、フィリピンの農務省農業研修所(ATI)と、フィリピンの鶏卵生産の4分の1を占める大手鶏卵協同組合、バタンガス鶏卵生産者多目的協同組合(BEPCO)との新しいパートナーシップを締結したことを、大変嬉しく思っています。

両パートナーシップの目的は、同国の鶏卵生産者を支援することで、持続可能で経済的に実行可能なケージフリーの生産実践を取り入れることにあります。弊社は、農家の方がベストプラクティス(最良の実践)を行い、ケージフリー生産を最適化できるよう、オンライン学習コースと農場の現場でのコンサルティングを通じて、技術的な専門知識とサポートを提供します。

また、BEPCOとも協力し、食品およびホスピタリティ企業とともに、フィリピンに大きな影響を与えることを約束する食品業界のリーダーたちを集めた「ケージフリー卵の調達のための共同イニシアチブ」を結成します。 このコラボレーション・イニシアチブに参加することで、食品企業はBEPCOの卵生産者の広大なネットワークからケージフリー卵を調達することができます。このイニシアチブの目的は、企業が自社のケージフリーコミットメントを達成するとともに、フィリピンでのケージフリー卵の生産を支援することにあります。

BEPCOのマネージングディレクターであるCecille Aldueza-Virtucioがプレスリリースで以下のように述べています。「フィリピンの鶏卵農家は顧客を重視しています。消費者の需要が高まるにつれ、ケージフリーな畜産への関心も高まっています。GFPとのパートナーシップにより、バイヤーや農家の方々と協力してニーズやギャップを評価し、サプライチェーンの両側にとって有益なソリューションを共同で開発することができるようになるでしょう。」

アジア各国での弊社の他のパートナーシップやプロジェクトと同様に、ATIやBEPCOとのパートナーシップは、バイヤーとサプライヤーの間のギャップを埋め、信頼を築き、サプライチェーンの両側が利益を得て目標を達成できるようなシステムを構築することを目的としています。卵のサプライヤーは、ケージフリー卵の需要の高まりに対応するために必要な競争力を得ることができます。また、バイヤーは、信頼性が高く手頃な価格のケージフリー卵の供給により、フィリピンでのケージフリーコミットメントを達成することができるようになります。

Global Food Partners, Inc.

Copyright © 2022

ja日本語